2008年09月23日

ウェザーニューズ(WNI)の「The Last 10-Second」が大変なことになっている件(→なっていた件)

 のろのろのろ雑記から、せっかくなのでこちらにも。

 ※2008年9月29日追記:サーバが増強され、スムーズに接続できるようになったようです。ウェザーニューズ(WNI)の「The Last 10-Second」が大変なことになって"いた"件

 ウェザーニューズの緊急地震速報サービス「The Last 10-Second」について、頻繁に切れる・繋がりにくいといった現象が発生しているようですが、どうやらサーバが大変らしいというお話です。

2008年09月17日

緊急地震速報 配信試験(オープンβ) 提供状況について (9/17)

 NHKラジオ第一の緊急地震速報音声を検出する「緊急地震速報 配信試験(オープンβ)(6月15日〜)」は、7月20日まで継続したサーバの動作不安定によりダウンタイムが目標値を超過しました。ただし、7月21日以降のダウンタイムは目標値内であり、検出精度なども目標値をクリアしております。今後とも安定提供に努めます。

配信・検出状況

 サービス開始から現在まで、3回の一般向け緊急地震速報が発表されました。本サービスは3回すべてを正常に検出し、配信しております。

発表日時 震央地名 検出時刻 遅延秒数
2008/07/08 16:42:35.2 沖縄本島近海 16:42:40.9 5.7
2008/07/24 00:26:56.0 岩手県沿岸北部 00:27:02.4 6.4
2008/09/11 09:21:13.5 十勝沖 09:21:19.3 5.8
遅延秒数平均 6.0

 ※発表日時と震央地名は緊急地震速報の発信状況(気象庁)による。

検出遅延について

 発表から検出までに平均6.0秒の遅延が発生していますが、これは次のような理由によるものです。

  • 精度向上を目的として「チャイム音(約3秒)」「『キンキュウジシンソクホウ』アナウンス音声の一部(約1秒)」の2点を検出対象としているため。
  • 緊急地震速報の発表から放送開始までに1秒強の時間が掛かるため。

 今後改善する予定ですが、検出方法の制約から最短3.0秒の遅延はどうしても発生するものと思われます。

提供品質の目安

 品質の目安となる値は次の通りです。

  • ダウンタイム:0.92%(目標値:0.1%未満)
    • ただし、サーバの動作不安定が解消した7月21日以降のダウンタイムは0.085%と目標値をクリアしています。
  • 正常検出:100%(目標値:99.5%以上、告知放送によるチャイム音の検出を含む)
  • 誤検出:月0.65回(目標値:月1回未満)
    • 8月10日と8月21日の計2回、通常音声をチャイム音と誤検出しました。
    • チャイム音のみの検出は配信対象とならないため、誤配信はありません。

2008年09月14日

アンケート集計結果 〜接続や配信状況「安定」8割以上、PRCPは評価分かれる〜

 Beta4(新バージョン)の開発に向けて、9月1日〜14日にアンケートを実施しました。アンケートへのご協力、そして貴重なご意見ありがとうございました。

 393件のうち、重複を除いた382件の回答を集計した結果は次の通りです。

概要

  • サービスの接続や配信状況について、8割以上が「安定している」と回答しました。

  • 地震情報・津波予報の表示、地震感知情報の機能性についても、約7割が「満足している・十分だと思う」と回答しました。
  • 約6割が「緊急地震速報 配信試験(オープンβ)を使っている」と回答しました。
  • PRCP情報共有プラグインは「満足している」との回答が利用者の約4割に留まり、評価が分かれました。

P2P地震情報の利用頻度は

 080914_q1.png
 8割以上の方が「毎日」と回答しました。一方、2.4%が「地震が起きたら使う程度」と回答しています。

P2P地震情報のサービスへの接続や、地震情報の配信などの状況は

 080914_q2.png
 8割以上の方が「とても安定していると思う」「やや安定していると思う」と回答しており、P2P地震情報の安定性が評価されています。

P2P地震情報を使ってみて、分かりやすいと感じましたか

 080914_q3.png
 こちらも8割以上の方が「とても分かりやすいと感じた」「やや分かりやすいと感じた」と回答しています。

[緊急地震速報] 緊急地震速報のサービスを使っていますか

 080914_q4.png
 080914_q4p.png
 全体の約6割(「使っている」と回答した8割以上)が「緊急地震速報 配信試験(オープンβ)を使い、発表情報を受信している」と回答しています。緊急地震速報への関心が高い一方で、有料サービスへの抵抗感があるのかもしれません。

[緊急地震速報] P2P地震情報は、緊急地震速報に対応してほしいと思いますか

 080914_q5.png
 ほとんどの方が「対応してほしいと思う」と回答しています。詳しく見ると、「"速報が発表された"だけでも良いので」では4割近くが、これに「揺れる地域が分かるなら」を合わせると約8割が、さらに「あと何秒で揺れるかが分かるなら」も含めると10割近くになります。

[地震情報・津波予報] 地震情報や津波予報の表示内容や表示形式に満足していますか

 080914_q6.png
 7割近くの方が「とても満足している」「やや満足している」と回答している一方、「どちらとも言えない」「あまり満足していない」との回答もそれぞれ1割以上あります。震源地の表示や、震度表示が密集した場合の拡大表示などが必要とされているのではないでしょうか。

[地震感知情報] 地震感知情報の表示の速さ、信頼性などは十分だと思いますか

 080914_q7.png
 こちらも7割以上が「十分だと思う」「やや十分だと思う」と回答しています。まだまだ改善の見込める機能ですが、表示判定や信頼度の実装によって多くの方に「十分」との評価をいただきました。

[PRCP情報共有プラグイン] PRCP情報共有プラグインの機能に満足していますか

 080914_q8.png
 「とても満足している」「やや満足している」と回答したのはプラグイン利用者の約4割に留まり、評価が分かれました。一方、約3割が「分からない、プラグインを使っていない」と回答しています。

[PRCP情報共有プラグイン] プラグインの利用目的は何ですか

 080914_q9p.png
 「プラグインを使っていない」を除いています。多くの方が「災害時の情報交換」「地震に関する情報交換」などを挙げています。

2008年09月01日

アンケートを実施します (1週間程度)

 ※この記事は、トップページに記載した内容をそのまま掲載しています。

 ※09/14追記:アンケートは既に終了しています。ご協力ありがとうございました。

 P2P地震情報 Beta4(新バージョン)の開発に向けて、現在のP2P地震情報についてのアンケートを実施しております。

 お手数をお掛けいたしますが、ご協力をお願いいたします。アンケート終了後、集計結果を公表します。