2008年11月30日

地震マップ、今日の地震 for iPhone - 地震感知情報APIを使ったサービス

 EPSP(partA) 地震感知情報APIは公開しただけじゃなくて、使われているんだぞー、ということで2つご紹介。

地震マップを作ってみたよ - PHP,MySQL,Flexな日々+イラストとか

 PHP×Flex×Googleマップ×地震感知情報API のコラボレーションです。百聞は一見にしかず、とりあえず開いてみたほうが早いです。Googleマップ上で震源地を示してくれるのはもちろんですが、個人的にはグラフが出てくるあたりが「なるほどなぁ」と思いました。

今日の地震 for iPhone

 iPhone×Googleマップ×地震感知情報API という組み合わせで、今日・昨日の地震情報を確認出来るiPhoneアプリケーションです。iPhoneを持っていないので「使ってみた!」とか出来ないのですが、シンプルで使いたいときにすぐ使える感じが良いですね。

というわけで

 地震感知情報APIなのに、地震情報APIとして使われているのでした。ちゃんちゃん。

 …というのは冗談で、もちろんそういう使い方もおっけーです。きっと地震感知情報が使いにくい形(1件ずつの発信データ)で流れているのが問題ですね。フィルタ・集計済みのデータを流せば使ってくれるに違いない。

2008年11月26日

P2P地震情報 Beta4 リリーススケジュール変更のお知らせ

 ※この記事は、トップページに記載した内容をそのまま掲載しています。

 P2P地震情報 Beta4(新バージョン)について,開発の遅延と品質向上を理由にリリーススケジュールを変更します。また,品質向上のためテストプログラムを実施します。

日付 リリース名 概要
12/14〜01/11 P2P地震情報システム テストプログラム 品質の確認と向上を目的とするテスト。
1月中旬
(01/12予定)
Beta4 RC(リリース候補) P2P地震情報 Beta4のリリース候補版。
1月下旬〜2月中旬
(01/18予定)
Beta4 P2P地震情報 Beta4

テストプログラムの実施について

 品質向上のため,テストプログラムへのご協力をお願いします。具体的には,「テスト用プログラム配布」「プログラムを起動して待機し,指定時刻になったら一斉にボタンを連打」といった感じの流れになる予定です。

テストプログラム名 プログラム配布 プレテスト テスト テスト予備日
サーバ
ストレステスト
12/10〜 - 12/14 12/16 サーバの障害耐性、負荷耐性を試験します。
将来見込まれるピア数の増加、地震の発生に伴うアクセスの集中などにどの程度対応可能かを調べます。
P2Pネットワーク
レスポンステスト
12/17〜 12/20 12/21 12/23 ネットワーク上のデータ伝播速度について検査します。
新しいネットワーク構築方法、ソフトウェアの設定などにより、データ到達時間がどう変化するかを調べます。
P2Pネットワーク
コミュニケーションテスト
12/24〜 12/27 12/28 12/30 ネットワークの構築状況、データ伝播率について検査します。
サーバ障害時において、ネットワークの状況やデータの伝播がどう変化するかを調べます。
P2Pネットワーク
ストレステスト
12/31〜 01/03 01/04 01/06 ネットワーク、ソフトウェアの負荷耐性を試験します。
通信量の増加、一時的な集中などにどの程度対応可能かを調べます。
P2Pネットワーク
ディフェンステスト
01/07〜 01/10 01/11 01/13 サーバ、ネットワーク、ソフトウェアの攻撃耐性を試験します。

2008年11月24日

P2P地震情報サーバは軽い、周辺サービスが重い

 メインサーバのシステム更新のためにバックアップサーバに交換したので、「低スペックマシンでP2P地震情報サーバはきちんと動くのか?」ということで。

 

  • EEW_Detector: 緊急地震速報 配信試験(オープンβ)の音声解析。けっこう重たい。
  • P2PQ_Server: P2P地震情報サーバ。たったの5%。
  • PRCP_Server: PRCP情報共有プラグインサーバ。単機能なのにP2P地震情報サーバなみ。
  • Processor Time: CPU使用率全体。たぶん、Webサーバの処理とかが結構あるんじゃないかと思います。
結論
 重たいのは周辺サービス。P2P地震情報サーバは軽い。