2008年09月17日

緊急地震速報 配信試験(オープンβ) 提供状況について (9/17)

 NHKラジオ第一の緊急地震速報音声を検出する「緊急地震速報 配信試験(オープンβ)(6月15日〜)」は、7月20日まで継続したサーバの動作不安定によりダウンタイムが目標値を超過しました。ただし、7月21日以降のダウンタイムは目標値内であり、検出精度なども目標値をクリアしております。今後とも安定提供に努めます。

配信・検出状況

 サービス開始から現在まで、3回の一般向け緊急地震速報が発表されました。本サービスは3回すべてを正常に検出し、配信しております。

発表日時 震央地名 検出時刻 遅延秒数
2008/07/08 16:42:35.2 沖縄本島近海 16:42:40.9 5.7
2008/07/24 00:26:56.0 岩手県沿岸北部 00:27:02.4 6.4
2008/09/11 09:21:13.5 十勝沖 09:21:19.3 5.8
遅延秒数平均 6.0

 ※発表日時と震央地名は緊急地震速報の発信状況(気象庁)による。

検出遅延について

 発表から検出までに平均6.0秒の遅延が発生していますが、これは次のような理由によるものです。

  • 精度向上を目的として「チャイム音(約3秒)」「『キンキュウジシンソクホウ』アナウンス音声の一部(約1秒)」の2点を検出対象としているため。
  • 緊急地震速報の発表から放送開始までに1秒強の時間が掛かるため。

 今後改善する予定ですが、検出方法の制約から最短3.0秒の遅延はどうしても発生するものと思われます。

提供品質の目安

 品質の目安となる値は次の通りです。

  • ダウンタイム:0.92%(目標値:0.1%未満)
    • ただし、サーバの動作不安定が解消した7月21日以降のダウンタイムは0.085%と目標値をクリアしています。
  • 正常検出:100%(目標値:99.5%以上、告知放送によるチャイム音の検出を含む)
  • 誤検出:月0.65回(目標値:月1回未満)
    • 8月10日と8月21日の計2回、通常音声をチャイム音と誤検出しました。
    • チャイム音のみの検出は配信対象とならないため、誤配信はありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

この記事へのトラックバック