2009年02月27日

Beta4開発記[1] Visual Studio 2005にて

 罪滅ぼし(?)に,開発の様子を載せておきます。原寸大で見ると設計の酷さが明らかになってしまうので,縮小画像で勘弁してください。新しいことだらけで大変です。

以下,どうでもいいこと

 OOPが初めてだったり,ウィンドウのデザインが酷かったり,P2Pとして怪しかったりするので,いろいろと読み漁っています。

  • 日向俊二 『Visual Basic 6.0ユーザーのためのVisual C# 2005プログラミングガイド』 (アスキー)
  • 牛尾剛, 長瀬嘉秀 『オブジェクト脳のつくり方』 (翔泳社)
  • ドナルド・A.ノーマン, 野島久雄 『誰のためのデザイン?』 (新曜社)
  • ジェフ・ラスキン, 村上雅章 『ヒューメイン・インターフェース』 (ピアソン・エデュケーション)
  • 増田直紀, 今野紀雄 『「複雑ネットワーク」とは何か』 (講談社)
  • 金子勇 『Winnyの技術』 (アスキー)

 これまでは,ソフトウェア「P2P地震情報」の充実に力を入れていましたが,これからはちょっと変わっていきます。

  • サービスの充実
    • ソフトウェア,EEW配信試験,on the web,API などなど…
  • サービスの一般化
    • シンプル版(仮)の提供
    • 情報の選別,提供方法の見直し などなど…
  • 新しいサービス
    • ColdFire基板(PC不要 簡易地震計+簡易情報通知)
    • さまざまなプラットフォームへの対応
    • P2P地震情報 プロトコル仕様の公開?
  • リアルタイムP2Pネットワークとして
    • ピュアP2Pになる? ならない?
    • ネットワーク効率,通信効率,安定性…
    • P2P地震情報以外の何か
    • 汎用化
  • ほか

 開発のきっかけとなった「地震」への意識はもちろんですが,様々に広がる可能性にも目を向けていくつもりです。

この記事へのコメント
最近は「ハイチ」付近の大きな地震が多発しています。気象庁の発表する「遠隔地の地震」についても、情報を流してくれると有難いのですが。
欲を言えばきりがないですが、
WCATWC Information Statement - TW
donotreply@noaa.gov
も、あわせて通知していただけると、本当にありがたいと思います。いつか、この周辺を震源とする大きな地震のため、日本にもいつかは、大きな津波の被害が、発生する可能性があるのではないかと思います。
なければ、それはそれで、いいことです。是非、ご検討下さい。
Posted by at 2010/02/07 00:05
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/114872198