2005年02月15日

神戸須磨区の震度計でトラブル、震度3観測が発表されず

 2月14日0時22分ごろ、兵庫県南東部(深さ約10km、M4.2)を震源とする震度3の地震がありました。兵庫県西宮市では震度1で、最初にごくわずかな振動があり、それから2回ほどグラッ、グラッと弱く揺れました。
 この地震について、気象庁は同日0時26分に「震度3 神戸北区・神戸西区」と発表していました。

 が、NHK大阪・NHK神戸のニュースによると、その後に大阪管区気象台が調べたところ、神戸須磨区でも震度3が観測されていたにも関わらず、震度計の時刻(※ラジオの時報で合わせる)が約1分ほどずれていたため、誤作動として処理され、発表されなかったことが分かったそうです。
 そして今日(15日)、気象庁は神戸須磨区で観測された情報を含めた地震情報を発表しなおしました(最近の有感地震)。
この記事へのコメント
「ラジオの時報で合わせる」ですか、電波時計か何かに連動させてるのかと思いました。
それくらいちょっとの予算ですぐ出来ると思うんだけどなぁ
Posted by 沼津マン at 2005/02/16 09:01
同じく、てっきり電波で時刻修正しているのではないかと思ってました。
まだラジオの時報による修正が一般的(?)な頃に設置された・・・ とか?(^^;;
Posted by たくや at 2005/02/16 19:18
この記事へのトラックバック