2011年05月08日

迷惑行為への対応について (2011/05/08 01:30時点)

 掲示板(No.3061-, No.3065-)、Twitter @p2pquake_takuya(右側「最新のつぶやき」からもご覧になれます) などで既にお知らせしていますが、RSSフィード向けあるいは時系列の追跡可能な記録として、この開発日記でもお知らせします。


4月上旬〜
頻繁にイタズラと思われる地震感知情報が表示される、PRCP情報共有プラグインや雑談プラグイン(p2pquake.ddo.jp IRC)への不必要な書き込みが散見される、掲示板に私を騙る書き込みが行われるなど、複数の迷惑行為がありました。
〜4月20日
利用者の方(複数名)が、迷惑行為を行った者のプロバイダ(コミュファ)に対して通報を行い、管理者の通報がないと対応が出来ない旨の返答を受けたとのことです。
※雑談プラグインは、IRCという仕組みを用いている関係上、IRCクライアントによって誰でも参加者のIPアドレス(≒プロバイダ)が確認できるようになっています。
4月22日
私がコミュファに通報を行いました。私を騙る掲示板への書き込みなどを報告し、可能であればプロバイダとして何らかの対応をお願いしたいとお伝えしました。
4月30日
コミュファより、利用者に注意勧告を実施したので、一旦様子を見てほしい、との連絡を頂きました。
5月4日
迷惑行為が続いていましたので、その者に対し、「2回目の通報を行うと、場合によってはプロバイダの契約解除の可能性があるが、それでも良いか」などと警告を行いました(雑談プラグイン上)。これに対し、その者から「二度と迷惑行為を行わない」旨の約束を取り付けました(掲示板 No.3065)。
5月7日
21時前後にいたずらと思われる地震感知情報が数回ありました。これについて調べたところ、迷惑行為を行った者とホスト名が極めて類似していたため、迷惑行為が続いているものと推定しました。また、昼前後に雑談プラグインにおいて迷惑行為(荒らし: 同一発言の繰り返し)が行われていることを確認しました。
現在
今後の対応を検討中です。
この記事へのコメント
掲示板内No.3185とNo.3190の投稿について利用規約に反すると思います。
Posted by 利用者@川崎麻生区 at 2011/09/04 16:59
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

この記事へのトラックバック