2007年01月13日

1月13日13時24分 千島列島東方 震度3/M8.2(最大40cmの津波)

 1月13日13時24分頃、千島列島東方の深さ約30kmを震源とするM8.3の地震がありました。この地震で、北海道から関東地方と長野県・兵庫県で震度3〜1の揺れを観測したほか、一時津波警報・津波注意報が発表され、最大40cmの津波が観測されました。

 13時36分、オホーツク海沿岸・北海道太平洋沿岸東部に津波警報、北海道の日本海沿岸北部と北海道から近畿地方と伊豆諸島に津波注意報が発表されました。15時28分には、小笠原諸島にも津波注意報が発表されました。
 17時59分、津波警報は注意報に、北海道日本海沿岸北部の津波注意報が解除になりました。19時45分にはオホーツク海沿岸の、21時30分には北海道太平洋沿岸東部・中部・西部の津波注意報も解除されました。22時10分、津波予報はすべて解除されました。

 津波予報が発表されている間、小笠原諸島の父島では17時39分に、伊豆諸島の三宅島では21時21分に、それぞれ40センチの最大波を観測しました。そのほか、北海道から東海・近畿地方の太平洋側を中心に数センチから30センチの津波を観測しました。

 P2P地震情報でも、北海道から関東地方を中心に利用者の方から地震感知情報が発信され、91件が表示されました。また、地震情報・津波予報の配信も概ね正常に行われました。以前は津波予報の更新トラブルがあった気象庁Webサイトですが、今回はほとんど遅延なく津波予報が更新されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

この記事へのトラックバック