2007年04月02日

日本時間2日5時39分 ソロモン諸島 M8.0

 アメリカ地質調査所(USGS)によると、日本時間2日5時39分(現地時間同日7時39分)ごろ、ソロモン諸島付近の深さ約10kmを震源とするM8.0の地震がありました。

 太平洋津波警報センター(PTWC)は、日本時間5時55分にソロモン諸島・パプアニューギニアに「Tsunami Warning」を発表し、一時日本などにも「Tsunami Watch」が発表されるなどしましたが、10時15分にはすべて解除(Cancel)されました。気象庁は、9時30分に「日本の沿岸では若干の海面変動があるかも知れませんが、被害の心配はありません。」と発表しました。

 PTWCではソロモン諸島の首都ホリアナ(震源から東南東345km)で20cmの津波を観測したとしていますが、ニュースでは震源に近い地域で数メートルの津波が押し寄せたなどと伝えられており、地震や津波による死傷者・行方不明者も報じられています。 参考:Googleニュース:「ソロモン諸島 地震」


 PTWCでは、太平洋地域における津波予報の発表を行っています。「Tsunami Warning」は、海中を震源とする大きな地震もしくは被害をもたらす津波の発生が進行中であることを確認し、津波の到来が迫っている場合に発表されます。「Tsunami Watch」は、被害をもたらす津波の発生が進行中かどうか確認せず、地震の情報により津波を予測して、影響を受ける可能性のある地域に発表されます。

 4月4日01時00分訂正:ソロモン諸島の首都ホリアナについて「震源から西北西345km」としていましたが、震源「が」ホリアナの西北西345kmであり、正しくは「震源から東南東345km」でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

この記事へのトラックバック