2018年03月22日

気象庁 地震情報ページ更新に伴う配信不具合と配信内容一部変更について

配信不具合について(解消済み)

気象庁 地震情報ページの更新に伴い、P2P地震情報及び関連サービスへの情報配信に不具合が生じておりました。ご迷惑をお掛け致しました。
  • 期間: 2018/03/22(木) 12:32〜12:40頃
  • 内容: 過去の震源・震度情報や遠地地震情報、計30件弱を一気に配信致しました。
  • 原因: 気象庁 地震情報ページの更新に伴い、過去の震源・震度情報(震度3未満)が新たに公開されるようになったため。新規情報と判断し、配信されました。
  • 期間: 2018/03/22(木) 12:32〜21:20頃
  • 内容: 4件の地震について、震度観測点の情報が欠落した状態で配信致しました。
  • 原因: 気象庁 地震情報ページの更新に伴い、情報が取得出来なくなったため。
  • 対処: 取得処理の修正を行いました。

配信内容一部変更(「震源・震度に関する情報」の配信取りやめ)について

本日より、気象庁 地震情報のうち「震源・震度に関する情報」と「各地の震度に関する情報」の掲載基準が変更されました。

平成30年3月22日より、気象庁ホームページでは「震源・震度に関する情報」及び「各地の震度に関する情報」について、どちらかの発表基準に達した場合に両方の情報を掲載するよう変更しました。
- 気象庁|地震情報について より

これに伴い、次の理由により、当面の間「震源・震度に関する情報」の配信を取りやめます(P2P地震情報本体やJSON APIは本日より、その他は今後1週間以内に実施)。

  • より詳細な情報を含む「各地の震度に関する情報」を配信していること。
  • 「震源・震度に関する情報」と「各地の震度に関する情報」について、発表時間にほとんど差がないこと。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
Webサイト:
コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。