2005年08月17日

地震情報配信(表示)の遅れについて(その2)

 先日お伝えした地震情報配信(表示)の遅れについてですが、遅れがだいぶ改善されたようですので、改めて簡潔にお知らせしておきます。

 
 気象庁サイトリニューアル以前・直後は先日の通りです。8月2日、更新の遅さについて気象庁へ問い合わせ(更新速度の改善要望)を行いました。
 8月7日、気象庁の分散キャッシュサーバーの中で、更新が比較的早いサーバーから地震情報を取得するように変更を行いました。その結果、遅れは平均5〜6分と若干小さくなりました。
 8月8日、気象庁から「現在改修中」との返事を頂きました。それ以降、遅れは平均4分と安定しています。

 個人的には、もう少し更新を早くしてほしいところですが・・・ 仕方ないのでしょうか。

 ここからは余計ですが、昨日の宮城県沖の地震で、気象庁サイトが非常に繋がりにくくなりました(リニューアルでフルカラーPNGがふんだんに使用され・・・ たためなのかは分かりません)。これを受けてなのか、気象庁サイトの地震情報が、凡例が下に移って8ビットカラーPNGになったり、地図の海が単色になったりして、ファイルサイズがだいぶ小さくなっています。
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック